脳の専門医 頭痛・もの忘れ・めまい・しびれ・脳ドック

文字サイズ
脳の専門医平岸脳神経クリニック

ろれつが回らない、言葉がでない

呂律(ろれつ)が回らない

呂律が回らない原因は、口やその周りの動きが悪いことから起きます。

口だけではなく、舌の動き、顔の動きが悪くなると、呂律が回らなくなります。
脳だけでなく、舌そのもの異常や顔を動かす筋肉の異常が原因です。
専門用語で「構音障害」「構語障害」といいます。

  • 言葉がでない、うまくしゃべれないこと
  • 脳の血管が詰まったり(脳梗塞)
  • 脳の中に出血したり(脳内出血)
  • 脳の中にできものが出来たり(脳腫瘍)

脳の言葉の中枢に何かトラブルがあると、言葉が出なくなったり、喋っている言葉が変になったりします。
専門用語で「失語症」といいます。

また、急に声がでなくなることは「失声」といい、精神的な問題であることもあります。

【放置してはならな言葉の障害】

  • 急に呂律が回らなくなった。
  • 顔が曲がっている。
    (イーという言ってみてながら鏡を見ると分かりやすいです。)
  • 舌が曲がっている。
  • 会話が成り立たない。
  • 言っている単語が変だ(例:けしごむ→けしむご)
  • 急にしゃべれなくなった。

いずれにしても言葉がしゃべれないのは異常です。
手遅れにならないためにも、頭の検査がまず必要です。


このページの最上部へこのページの最上部へ

Copyright (C) 2018 Hiragishi Brain & Nerve Clinic.Rights Reserved.
loading