脳の専門医 頭痛・もの忘れ・めまい・しびれ・脳ドック

文字サイズ
脳の専門医平岸脳神経クリニック

手足がしびれる

しびれ

「ジンジンする」「ピリピリする」「チクチクする」、はたまた「ボワーっとする」
専門用語でいうと感覚障害です。

「感覚がおかしい」というのを、「しびれる」と感じる方が多くいらっしゃいます。
「手がしびれるんだよね」

さてこの場合、病院にかかった方が良いのでしょうか?

【放置してはいけないしびれ】

  1. 顔半分、体半分のしびれ
  2. 左右対称のしびれ 両手・両足しびれる
  3. 徐々に悪くなるようなしびれ
  4. しびれの範囲が徐々に広くなるしびれ
  5. 麻痺を伴うようなしびれ
  6. 頭痛・めまいを伴うしびれ

デルマトーム

神経にはそれそれ受け持ちの体の場所があって、例えば首の神経が圧迫されているのであれば、手がしびれます。
脳が原因であれば広範囲なしびれが出ます。
「彼女を腕枕していたら、手がしびれてだらんとしてしまった」

drop hand

これは橈骨神経麻痺という手の親指の辺りに走る神経が一晩圧迫されて起きた麻痺です。内服・保温で治療しますが、治るのに1-3ヶ月かかる方もいます。

頭や脊髄のMRIを撮っても写らない病気もあります。末梢神経そのものが調子が悪い時です。
糖尿病がある方や他の内科的な病気がある方、または神経難病の初期症状であることから、問診(患者さんからの症状聞き取り)が大事です。持病がある方は、事前に教えて下さい。

しびれについてもっと詳しく知りたい方は、WEB脳神経外科「しびれ」をご覧ください。

しびれ外来の問診票はこちら


このページの最上部へこのページの最上部へ

Copyright (C) 2018 Hiragishi Brain & Nerve Clinic.Rights Reserved.
loading